渋沢栄一翁 オリジナルブレンド コーヒーバッグ

180円(税13円)

購入数

【深谷市出身渋沢栄一翁とコーヒーの繋がり】

1867年(慶應3年)パリ万博使節団の一員となった栄一翁は行きの船上で初めてコーヒーを飲むこととなります。
航海中の彼の書いた日記には「食後、カッフェーという豆を煎じたる湯を出す。砂糖、牛乳を和して之を飲む。すこぶる胸中を爽やかにす」との記述があります。(「青年・渋沢栄一の欧州体験」より)
コーヒーが美味しかったという記述としては日本で一番古い表現ではないかと言われているそうです。
栄一翁が飲んだものはカフェオレだと思いますが、それをとても気に入ったようで現地でも度々飲んでいたようです。

この度当店が『渋沢栄一翁ブレンド』を作るにあたって、このような記述やお国柄、時代背景などを考慮して、私たちなりに栄一翁が飲んだ味わいを再現してみました。
当時の飲み方に倣って、ミルク・お砂糖が合うようにしています。

【コーヒーバッグ】
簡単にいうと紅茶のティーバッグのようなものです。
お湯に浸してコーヒーバッグをゆらゆら数分していただくだけで簡単にお飲みいただけます。

*20袋までクリックポスト(送料一律230円)にて発送
*他の商品もご注文された場合は、ご精算時の「お届け方法」で宅配便をご選択くださいませ